手伝いはやめにしました

おはようございます。

今週から土曜日のお手伝いをやめて通常の仕事は会社一本にすることにしました。
時間におわれ休憩も取れない仕事なので週末は体をやすめることにしました。

相場ですがあいかわらず簡単ではない動きをいています。
抜けそうで抜けない、止められる場所をあっさり抜ける、みたいなかんじでうまくいってません。

つまりおおきな目線ではレンジだということです。
レンジのきほんはやらないことなので、これ以上無駄なそんしつを出さないようにしっかりと確認したいとおもいます。

小さい足でのレンジブレイクやトレンドはしっかりと発生しています。
ここを見極めてコツコツと利益を出せるようにしたいです。

ちなみに今週は負けで、収支もマイナスになっています。
しかしまだ3週あるので、あせらずやっていきます。

来週も宜しくお願いします。















スポンサーサイト

試行錯誤は

おはようございます。

最近はかんがえてばっかりでエントリーは少なめです。
少ないとはいっても、ルールがきまらないうちはエントリーはしないほうがいいので、これもポジポジ病の一種なので気をつけたいです。

今の現状で参加するにはふたとうりの方法ああります。
長めの足でエントリーするか、短い足でエントリーするかです。

長いほうは4時間足での転換を15分足でエントリー、デイトレというよりかは短めのスウィングでのトレード。
損きり幅がでるのでロットは少なめ。
もうひとつは15分足を背景に1分足でのロット大き目の超スキャルです。

今週は前者でやってみました。
エントリー後はとりあえずOCOを入れて放置して結果を待ちます。
決済後はそこまでの動きの検証をします。
何とかトントンくらいの決済になっているのでもう少し細かいところを調整してやってみたいと思っています。



で、FXで利益を上げるにはを考えてみました。

はじめのころは簡単に何万円もとれて短期間で何百万円も稼げるものとかんちがいして始めました。
長陽線や長陰線をどうやったら取れるかばかり考えていました。
飛び乗りをして、短期の動きに往復ビンタを食らって、みたいなトレードで損失をだしていきます。
とりかえそうとロットを大きくしてはまっていきます。
そこから真剣に勉強をはじめました。

そんなこんなで4年目でやっていますが、最近は勝てていませんが負けなくもなってきています。
結局自分がどれだけガマンできる人なのかで基準となる時間足を決めて、ダウやMAなどこれだと思った基準を検証してきめて、損きりより期待できる利益が大きくなるポイントでエントリーするだけだと思ってきました。

長陽線とかは長く待てる人がもらえるボーナスみたいなもので、これだけを狙うには指標などでギャンブルをするしかないこともわかってきます。

とにかく未来の予想は完璧にはできないので負けて当たり前、勝ててラッキーの精神で利益を積み上げていく地道な作業が必要な投資だということがわかってきました。
今まで何冊も教科書を読んできましたが、ほとんどのものにこういったことは書かれてありました。
ちゃんと理解していれば損失を大きくすることが無かったのに、目先のことにとらわれすぎる自分の性格が悔やまれます。

遅すぎですが4年もやってきてやっとスタートラインがみえてきた感じです。
しかし死ぬまでもう少しじかんがある感じの45歳なので、あせらずしっかりととりかえしていきたいと思っています。

これからも宜しくお願いします。







株価&為替ボード
プロフィール

マコにい

Author:マコにい
仙台在住兼業トレーダーマコにい48歳男です。
宜しくお願いいたします。
2010年の夏にFXと出会い負けながらも何とかやってきたいましたが民主から自民への政権交代の上昇で大きく損切りしてしまいひん死の状態に陥りました。
どうしてもあきらめきれず、13年1月からFXを極めたく専業という形で頑張っていましたが、色々あって14年6月より再び兼業という体制で継続しています。
未だもってブログの扱い方とかが把握できてないような古い人間ですが少しずつでも追いついて成功しようと日々奮闘しています。
よろしく願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ランキング
こちらも
よろしくです

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1862位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
622位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック